【プエルトリコのサンファン】クルーズ寄港地観光レポ!衝撃のバナナ料理

プエルトリコのサンファン

こんにちは、ほしみみです。

2019年11月末から8日間、ロイヤルカリビアンのシンフォニー・オブ・ザ・シーズで東カリブ海クルーズに行きました。

この記事では、クルーズ旅行で行った寄港地「サン・ファン」での一日をご紹介します。

ほしみみ
サンファンはとにかく暑かった(汗)

でも、街並みもきれいで、プエルトリコ料理も堪能出来て、楽しかったです!

サン・ファンはプエルトリコにある!

オールドサンファンの街並み

サン・ファンはプエルトリコの中心地で、アメリカ自治領です。

スペインの植民地だったことから、街並みはスペイン風です。

共通語はスペイン語ですが、基本的には英語も通じます。

通過は米ドルです。

日本人の場合、ビザは90日以内の観光目的なら不要ですが、パスポートは残存有効期間90日以上あることが必要です。

クルーズは、「オールドサンファン」という魅力的な観光地が集まった地域に着きます。

クルーズ港周辺の「プエルトリコのラ・フォルタレサとサン・ファン歴史地区」は1983年に世界遺産に登録されました。

サン・ファンの気候・ベストシーズンは?

オールドサンファンの街並み

サン・ファンは、1年を通してほぼ気温は変わらず、平均気温は28℃。

ベストシーズンは1~3月です。

5~11月は少し雨が多く、8~10月がハリケーンシーズンで注意が必要です。

ほしみみ
平均気温は28℃ということですが、私たちが行った日は信じられないくらい暑くて、観光に集中できないくらい暑かったです。

寄港地サン・ファン観光レポ!

ここからは、私たちがサンファンで過ごした一日をご紹介します。

クルーズ船が港に到着したのが午前8:30頃。

まずは、 サン・ファンの一番の魅力と言われる「エルモロ要塞(正式名称:サン・フェリペ・デル・モッロ砦)」に行きました。

エルモロ要塞

サンファン(プエルトリコ)エルモロ要塞

エルモロ要塞は、クルーズ港から徒歩20分ほどの距離にあります。

観光の所要時間は1~2時間程度で、入場料は1人7USDです。

※ここでもらったレシートで、サンファン歴史地区内の他の要塞にも入ることができるので、無くさないようにしましょう!

エルモロ要塞は、世界遺産「サン・ファン歴史地区」にある巨大な要塞で、海賊や外国軍から守るために作られました。

なんと、完成までに224年もかかったそうです!

400基もの大砲が設置され、難攻不落の要塞と言われていました。

エルモロ要塞 エルモロ要塞の砲台場

私たちは午前9時ごろから入場したにもかかわらず、信じられない暑さで、何度も日陰で休憩しながら要塞の中を見て回りました。

要塞は大きく、そこから見える景色も美しかったですが、とにかく暑くて暑くて大変でした(汗

エルモロ要塞からの風景

その後は、一度街中のカフェで休憩をしてから、次の観光地「ラ・フォルタレサ」へ向かいました。

ラ・フォルタレサ

サンファン(プエルトリコ)ラ・フォルタレサ

引用:googlemap

次に、私たちは「ラ・フォルタレサ」に向かいました。

ここは、サンファンの世界遺産登録名「プエルトリコのラ・フォルタレサとサン・ファン歴史地区」に名前が含まれる、サン・ファンの歴史上重要な建物です。

ラ・フォルタレサも昔は要塞でしたが、その後は宮殿に作り替えられ、現在は州知事官邸として利用されています。

見学を楽しみにしていたのですが…

ラ・フォルタレサの入り口

「本日はラ・フォルタレサは入場できません!」って。

えぇーーー!!

サンファンには、他にも「サン・クリストバール砦」という少し小さな要塞がありましたが、要塞はもう満足したので、街並みを見て回ることにしました。

サン・ファン歴史地区の街並み

プエルトリコの街並み

サンファンの建物はきれいな色が塗られており、町はとてもカラフルです。

この綺麗な建物の中に、ショップングモールやカフェ、美術品の展示場などが入っていて、街をぶらぶらするだけでも十分に楽しめます。

街の中には、観光スポット「サンファン大聖堂」もあります。

サンファン大聖堂 サンファン大聖堂の内部

サンファン大聖堂は、入場料などはかかりませんでした。

街をぶらぶらした後は、昼食を食べることにしました。

衝撃のプエルトリコ料理

プエルトリコ料理のお店

私たちは、街中で比較的にぎわっていたこちら(↑Ajo Del País)のレストランに入りました。

正直、何料理のお店なのか何もわからないままレストランに入り、店員さんがオススメしてくれた「今日のスペシャルランチ(7ドル)」をオーダーしたところ…

バナナがたくさん入ったプエルトリコ料理

これ、すべてにバナナが入っているんです!

  • 左上⇨ミンチとバナナが層になっていて、一番上にチーズが乗っている
  • 右上⇨バナナの焼き飯
  • 右下⇨バナナを揚げたもの

美味しいけど、甘酸っぱくて結構強烈(苦笑)。いい体験になりました。

ほしみみ
後で知ったのですが、ここはプエルトリコ料理のお店だったようです。

昼食後は、出港までにまだ時間はありましたが、暑すぎて疲れていたので、船に戻りました。

船に戻ってすぐにプールに向かいましたが、みんな暑かったのか、プールは超満員でした(汗)

ちなみに、プールの水も、かなり温かくなっていました。

その他のプエルトリコの魅力

サンファン(プエルトリコ)リオカムイ洞窟公園

引用:ロイヤルカリビアンHP

私たちは、オールドサンファンのみを観光しましたが、クルーズ港から行ける範囲には、ラム酒工場や、上の写真の「リオカムイ洞窟公園」などがあります。

どちらも頑張れば自力で行けますが、ロイヤルカリビアンクルーズの場合は、船から出ているツアーで行くこともできます。

また、クルーズからのツアーを使うと、離島のビーチに行ったり、シュノーケリングなどを楽しむことも可能です。

カリブ海クルーズでサンファンに行こう!

シンフォニーオブザシーズ

私は今回、ロイヤルカリビアンのクルーズ船「シンフォニーオブザシーズ」で東カリブ海をクルーズし、サンファンに寄港しました。

シンフォニーオブザシーズは、2019年世界最大の客船で、船の中にたくさんのアトラクションがあり、船内生活もとても楽しかったです。

ロイヤルカリビアンのクルーズ予約方法や、予約時の注意点は下記にまとめたので、是非ご覧ください。

クルーズ格安予約方法

ロイヤルカリビアン格安予約方法

【ロイヤルカリビアン・クルージング格安予約方法】値段詳細も!

2020年1月3日

オススメ記事

ロイヤルカリビアンブログ

【大満足!】ロイヤルカリビアンでカリブ海クルーズレポ!|旅行記ブログまとめ

2020年1月3日

あわせて読みたい

 

スポンサードリンク