【男性がハゲる原因は9割がAGA】「髪が減るメカニズム」を解説。対策は?

AGAで薄毛になるメカニズム

こんにちは、”元薄毛の彼氏”持ち、東大卒のほしみみです。

日本人成人男性の薄毛の原因は9割が「AGA(男性型脱毛症)」と言われています。

今日は男性の髪の毛が減り、薄毛になってしまうAGA(男性型脱毛症)のメカニズムを詳しくご紹介します。

ほしみみ
AGAの概要や、AGA治療についてはこちらの記事をご覧ください。


AGAは”毛のサイクル”が短くなる疾患

AGAは「Androgenetic Alopecia」の略で、男性型脱毛症という疾患を指します。

このAGAになると、毛の成長サイクルである「ヘアサイクル」が狂い、薄毛になっていきます。

髪の毛には「生まれる(成長初期)」⇒「成長する(成長期)」⇒「退化する(退行期)」⇒「休止する(休止期)」というサイクルがあります。

通常の人のヘアサイクル

通常の人は「成長初期~成長期」の期間が2~6年あります。

しかし、AGAの人は「成長初期~成長期」の期間が数か月~1年と短くなってしまうのです。

正常な人とAGAの人のヘアサイクルの違い

髪の成長期間が短くなることで髪がしっかり育つ前に抜けてしまい、髪のコシがなくなり⇒薄くなり…となってしまうのです。

しかもこのヘアサイクルは、人間1人当たり40~50回程度しかないのです!!

通常の人だと髪は生涯あることになりますが、AGAで成長期間が短くなると短くなった分だけ早くツルツル頭になってしまうのです。

ほしみみ
マズいですよね!

早く対策を打たないと!


ヘアサイクルが短くなる原因は?

では、なぜAGAではヘアサイクルが短くなってしまうのでしょうか?

答えは「ジヒドロテストステロン」というヘアサイクルの成長期を短くする物質にあります。

AGAは男性ホルモンである「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という物質とくっついて、「ジヒドロテストステロン(DHT)」というヘアサイクルの成長期を短くする物質を作り出しまうことが原因と考えられています。

ヘアサイクルの成長期が短くなる理由
ほしみみ
ちなみに、ジヒドロテストステロンは「前頭部」や「頭頂部」のヘアサイクルを短くする一方で、ヒゲの成長は促します。

そのため、「ハゲているのにヒゲはボーボーな男性」がこの世にたくさん存在しています。


男性の薄毛治療=AGA治療の基本は「原因の抑制」

では、最近よくCMなどで見かける「AGA治療」というのは、どういうことをするのでしょうか?

答えは「AGAの原因の抑制」です。

AGA治療の基本は、まず「AGAの原因を抑制」することです。

先ほど説明したように、AGAの原因はへアサイクルの成長期を短くしてしまう「ジヒドロテストステロン」の生成です。

ヘアサイクルの成長が短くなる理由

AGA治療ではまず「ジヒドロテストステロン」の生成を抑えるために、ジヒドロテストステロンの元となる「5αリダクターゼ」の発生を抑制します。

「5αリダクターゼ」の発生は、「プロペシア(フィナステリド)」という薬を飲むことで抑制することが可能です。

プロペシアの効果を図で説明

これでAGAの進行を遅らせることができます。

プロペシアの服用だけで髪が増える人もごくたまにいますが、基本的にはプロペシアは「AGAの進行を抑制する薬」ですので、これだけで髪は増えません。

ほしみみ
私の前勤務先の部長もプロペシアを服用したところ薄毛の進行は止まりました。しかしこれだけで髪が増えることはなかったそうです。

髪を増やしたい場合はミノキシジルタブレット!

髪を増やしたい場合は、先ほどの「AGAの進行を抑える薬=プロペシア」に加えて「ミノキシジルタブレット」の服用が必要になります。

AGA治療に使われる薬の説明

ミノキシジルタブレットは、もともとは高血圧治療薬として作られた薬でしたが、これを飲んだ患者さんが副作用で全身の毛が多くなる「多毛症」を発症したのです。

そのため、今では「ミノキシジルタブレット」は発毛の薬として使われています。

しかし、この「ミノキシジル」という物体を摂取することでなぜ髪が増えるのかは実はまだ誰もわかっていません。

そのため仮説がたくさんありますが、今最も有力と言われている説が「ミノキシジル」は毛母細胞(髪の毛を作り出す細胞)に作用し、細胞分裂を活性化させて髪を増やしているという説です。

ミノキシジルは細胞分裂活性化させる

諸々わかっていないことが多いのですが、この「ミノキシジル」は世界でただ一つ、発毛効果が認められている物質になります。

ですので、髪を増やしたい場合は基本的に「ミノキシジル」を使用することになります。

あの育毛剤で有名な「リアップ」にもこの成分が入っています。


AGA治療の期間は「髪が欲しい期間ずっと」

AGA治療クリニックでは多くの場合「プロペシア」と「ミノキシジルタブレット」を毎日服用する治療を受けることになります。

AGAは進行性の疾患であり、一度発症すると悪化の一途をたどります。

そのため、AGAの進行を抑制するために「プロペシア」は髪が欲しい期間はずっと飲み続けることになります。

一方で「ミノキシジルタブレット(通称:ミノタブ)」は髪が生えて定着するまでの間飲み続けるものなので、1年前後飲めば大丈夫です。

AGA治療は、髪の毛があってほしい期間ずっと続く

ちなみに、一般的にAGA治療は、髪の毛が増えたという実感が出るまでには半年から1年ほどかかります。

またAGA治療薬には副作用があるため、必ずAGA専門クリニックにて処方してもらいましょう。

プロペシア・ミノキシジルタブレットの効果と副作用の真実【東大卒が解説】

2018.10.10

プロペシア&ミノキシジルタブレットの相場

プロペシアとミノキシジルタブレットを12か月コースで契約する場合の、大手専門クリニックの月々の価格(税別)はこちらです。

AGA
スキンクリニック
銀クリ ヘアメディカル
14,000円 17,500円 25,000円

AGAスキンクリニックを選んだ場合、初年度は18万円ほどかかることになりますが、髪がしっかり増えて定着したあとはプロペシアだけを飲む治療に切り替えができます。

プロペシア(又はフィナステリド)のみの処方を受ける場合の月々の価格はこちらです。

AGA
スキンクリニック
銀クリ ヘアメディカル
4,800円 6,500円 6,000円

AGAスキンクリニックだと、2年目以降は基本的には月々4,800円(税別)、年間6万円程度で髪を保つことが可能です。

注意
AGAスキンクリニックの【オリジナル発毛薬「Rebirth」】月14,000円プランが「プロペシア」と「ミノキシジルタブレット」に該当します。
より高いプランの方が効果は出やすいですが、【オリジナル発毛薬「Rebirth」】の月14,000円プランでも髪は生えてきます。
ほしみみ
後悔しないAGAクリニックの選び方は、こちらをご覧ください。

【AGA治療】おすすめ病院5選《値段比較・後悔しない病院の選び方2019》

2019.03.11

まずは気軽に無料カウンセリングへ

多くのAGAクリニックは、初回に無料のカウンセリングを行っています。

これは本当に無料です!

無料カウンセリングに行くと、そもそもあなたが「AGAなのか」どうかを無料で診てもらえます。

私の彼氏は、AGA治療開始前に4件のAGAクリニックの無料カウンセリングへ行き、しっかりと疑問を解消し、不安なことを相談してから治療を開始しました。

ほしみみ
ちなみに、彼氏は治療開始3か月でフサフサになりました^^

治療内容は、上記で説明した「プロペシア」と「ミノキシジルタブレット」の毎日の服用です。

AGA治療3か月の変化

彼氏のAGA治療記録はこちら

迷ったら、まずはAGA専門クリニック最大手のAGAスキンクリニック」の無料カウンセリングに行くのがオススメですよ^^

AGA治療で、髪を増やしてみませんか?

\ 超大手!効果が高い!安い! /

AGAスキンクリニック 公式ホームページ(https://www.agaskin.net/

都道府県別おすすめクリニック

北海道・東北地方

北海道  青森  岩手  宮城  秋田  山形  福島 

関東地方

茨城  栃木  群馬  埼玉  千葉  東京  神奈川 

中部地方

新潟  富山  石川  福井  山梨  長野  岐阜  静岡  愛知 

近畿地方

三重  滋賀  京都  大阪  兵庫  奈良  和歌山 

中国地方

鳥取  島根  岡山  広島  山口 

四国地方

徳島  香川  愛媛  高知 

九州地方

福岡  佐賀  長崎  熊本  大分  宮崎  鹿児島  沖縄 

おすすめクリニック
AGAスキンクリニック
発毛実感率99.4%
オリジナル治療薬処方あり
豊富な治療メニュー
全国50院以上
お手頃価格の月4,800円~
銀座総合美容クリニック
銀クリAGA.com(gincli-aga.com)
通称:銀クリ
患者満足度No.1を本気で目指す
東京では最もおすすめ
ミノキシジルタブレット処方あり
メソセラピーが格安の1回18,000円
AGAヘアクリニック
テレビ電話で診察
クリニックが近くにない人におすすめ
薬は郵送
ミノタブ・ザガーロあり
治療費は最大で月31,000円