プロペシア・ミノキシジルタブレットの効果と副作用の真実【東大卒が解説】

プロペシアとミノキシジルタブレットの効果と副作用

こんにちは。「元薄毛の彼氏」持ち、東大卒のほしみみです。

薄毛だった彼氏がAGA治療でフサフサになった経験から「薄毛に悩む男性を減らしたい!」と思い、男性の薄毛について猛勉強し、情報発信をしています。

AGA治療の基本は、薄毛の進行を抑える「プロペシア(フィナステリド)」と、発毛を促す「ミノキシジルタブレット」の服用です。

このページでは、AGAに関する論文やクリニックへの取材などで得た知識を盛り込み、「プロペシア」や「ミノキシジルタブレット」の効果と副作用の真実をお伝えします。

ほしみみ
AGA治療の詳細についてはこちらの記事をご覧ください。

 AGA治療薬の概要と服用期間

薬の詳細な説明をする前に、AGA治療薬の概要と服用期間を先にお伝えします。

AGA治療では、基本的に”AGAの進行を抑制する薬”であるプロペシアと、”発毛を促す薬”であるミノキシジルタブレットを服用します。

AGA治療薬「プロペシア」と「ミノキシジルタブレット」の説明

AGA(男性型脱毛症)は進行性の疾患であり、一度発症すると悪化の一途をたどります。

そのため、AGAの進行を抑える薬である「プロペシア(フィナステリド)」は、髪の毛があってほしい期間ずっと飲み続けることになります。

多くの場合、治療をはじめて1年前後は「プロペシア」と「ミノキシジルタブレット」の両方を飲み、十分に髪の毛が増えたことが確認できたらその後は「プロペシア」だけを飲み続けることになります。

AGA治療の期間は、髪があってほしい期間ずっと

一般的にAGA治療は、髪の毛が増えたという実感が出るまでには半年から1年ほどかかります。

AGA治療薬「プロペシア(フィナステリド)」とは?

フィナステリドの写真

プロペシアは先ほどもご紹介した通り、”AGAの進行を抑制する薬”です。

”フィナステリド”という物質が主成分であるため、よく「フィナステリド」とも呼ばれます。

この薬は、髪の毛をキープしたい間はずっと飲むことになります。

AGAは、男性ホルモンである「テストステロン」が、「5αリダクターゼ」とい物質とくっついて、「ジヒドロテストステロン(DHT)」という髪の毛が抜けるのを早くしてしまう物質を作り出しまうことが原因と考えられています。

ヘアサイクルが短くなるのは、ジヒドロテストステロンの生成

「ジヒドロテストステロン」が発生すると、髪の毛が育ちきる前に髪が抜け始めてしまうので、しっかりした髪が育たず薄毛になってしまうのです。

この「ジヒドロテストステロン」のもととなる「5αリダクターゼ」という物質の発生を抑制する薬が「プロペシア」です。

「5αリダクターゼ」の発生を抑制することで、髪の正常なサイクルを壊してしまう「ジヒドロテストステロン」の生成を減らし、髪の毛のサイクルを通常のサイクルに戻す(=AGAの進行を抑制する)のです。

プロペシアはジヒドロテストステロンの生成を抑制する

プロペシアは「ジヒドロテストステロン」によって生え変わりが早くなってしまった髪のサイクルを通常に戻すだけの薬です。

プロペシアにより、今ある髪が今以上生えてくることはありませんが、1本1本の毛がしっかり育つので少し毛量が増した感じが出ます。

しかし「もっと髪の毛を増やしたい!」という場合には、プロペシアだけではなく「ミノキシジルタブレット」も飲むことになります。

ほしみみ
ちなみに、プロペシアはもともと前立腺治療薬として作られた薬で、その副作用として発毛が見受けられたため、今では主にAGA治療の薬として使われています。

プロペシアはAGA治療薬として、厚生労働省の認可も得ている薬です。

AGA治療薬「ミノキシジルタブレット」とは?

ミノキシジルタブレットの写真

髪の毛を増加させるための薬が「ミノキシジルタブレット」、略して「ミノタブ」です。

ミノキシジルタブレットは、もともとは高血圧治療薬として作られた薬でしたが、これを飲んだ患者さんが副作用で全身の毛が多くなる「多毛症」を発症したのです。

そのため、今では「ミノキシジルタブレット」は発毛の薬として使われています。

しかし、この「ミノキシジル」という物体を摂取することでなぜ髪が増えるのかは実はまだ誰もわかっていません。

そのため仮説がたくさんありますが、今最も有力と言われている説が「ミノキシジル」は毛母細胞(髪の毛を作り出す細胞)に作用し、細胞分裂を活性化させて髪を増やしているという説です。

ミノキシジルは、毛母細胞の細胞分裂を活性化させる

諸々わかっていないことが多いのですが、この「ミノキシジル」は世界でただ一つ、発毛効果が認められている物質になります。

ですので、髪を増やしたい場合は基本的に「ミノキシジル」を使用することになります。

あの育毛剤で有名な「リアップ」にもこの成分が入っています。

しかし、「リアップ」のような「ミノキシジル入りの外用薬」は厚生労働省から認可されていますが、実は内服薬「ミノキシジルタブレット」は認可されていません。

ほしみみ
「ミノキシジルタブレット」って本当に大丈夫なの??不安になってきますよね。

次で詳しく状況を説明します。

ミノキシジルタブレットは厚生労働省に認可されていない

先ほども述べた通り、リアップのような「ミノキシジルの外用薬」は厚生労働省から認可されていますが、内服薬は認可されていません。

下記が日本皮膚科学会が出している資料ですが、ご覧の通りフィナステリド(プロペシア)とミノキシジル外用薬は推奨度Aであるのに対し、ミノキシジル内服薬の推奨度はDです。

男性型脱毛症のガイドライン 引用:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

※デュタステリドはフィナステリド同様、5αリダクターゼを減少させる薬です。詳細はこちらをご確認ください。
※男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインは、2019年3月現在は「2017年版」が最新版です。

では、なぜミノキシジルの内服はD判定なのでしょうか?

「ミノキシジルタブレット(=ミノキシジルの内服)」がD判定である理由は、ガイドラインにこう書かれています。

CQ14:ミノキシジルの内服は有用か?
推奨度:D
推薦文:ミノキシジルの内服を行うべきではない.
解説:ミノキシジル内服の有用性に関して臨床試験は実施されていない.
ミノキシジルは降圧剤として開発されたが本邦では認可されていない.また,男性型脱毛症に対する治療薬としても認可されている国はない.それにもかかわらず,全身の多毛症を起こす副作用があることを根拠に,医師が安易に処方したり,一般人が個人輸入で入手し服用することがあるので,医薬品医療機器等法の観点から問題視されている.
多毛症以外のミノキシジル内服薬の副作用の報告は少なく,内服用製剤の添付文書中の市販後調査欄に,胸痛,心拍数増加,動悸,息切れ,呼吸困難,うっ血性心不全,むくみや体重増加などの重大な心血管系障害が生じるとの記載がある.
以上のように,ミノキシジルの内服療法は,利益と危険性が十分に検証されていないため,男性型脱毛症・女性型脱毛症ともに行わないよう強く勧められる.

引用:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

怖いことがたくさん書かれていますよね。

でも、重要なのは太字にした「ミノキシジル内服の有用性に関して臨床試験は実施されていない」「ミノキシジルの内服療法は,利益と危険性が十分に検証されていないため,男性型脱毛症・女性型脱毛症ともに行わないよう強く勧められる.」の箇所。

要するに「まだちゃんと試験をしていないから、効果があるとか安全であるとは言い切れないよ!」ということです。

私の彼氏がAGA治療を始めるにあたり、最大手AGA専門クリニックのAGAスキンクリニックでこの件について聞いてみたところミノキシジルタブレットは問題ございません。今後それを覆す研究を発表するので、安心してくださいと力強く説明していただけました。

ほしみみ
AGA専門クリニックの最大手が言っているんだから、きっと大丈夫なんでしょう!

どうしてもミノキシジルタブレットが怖いという方には、プロペシアとミノキシジル外用薬による治療をお勧めしますが、ミノキシジル外用薬は内服薬であるミノキシジルタブレットと比べて効果が小さくなります。

ミノキシジルの効果

市販のミノキシジル外用薬をご使用の場合は、ミノキシジルの比率が高い第1類医薬品の「リアップX5プラスローション」をお勧めします。

created by Rinker
リアップ
¥7,753 (2019/12/06 13:06:36時点 Amazon調べ-詳細)
ほしみみ
ちなみに、AGA治療の内服薬は個人輸入も可能ですが、偽物をつかまされることもあります。

個人輸入した医薬品によって健康被害が起こった場合、自己責任となりますのでご注意ください。

AGA治療薬「プロペシア」「ミノタブ」の副作用は?

AGA治療を始めるにあたって怖いのが、薬の副作用です。

どんな薬にでも副作用はあると言えども、ネットで「AGA 副作用」なんて調べた日には大量の怖いページが出てきます。

でもそれは本当の情報でしょうか?

副作用とその発症率について詳しく説明します。

「プロペシア」の副作用

プロペシアで副作用が起きるのは4%で、主な副作用はリピドー減退(=性欲減退1.1%)と勃起機能不全(0.7%)です。

発生頻度は不明ですが、重大な副作用としては、肝機能障害があります。

肝機能障害以外の副作用は以下です。

プロペシアの副作用の比率と内容 引用:プロペシア錠0.2mg/1mg 医薬品インタビューフォーム,改訂第14版

先ほどもお伝えしたように、プロペシアは厚生労働省に認可されている薬です。

副作用を心配しすぎると、心理的な作用から副作用のような症状が出てしまうことがあるので、あまり心配しない方がいいと思われます。

「ミノキシジルタブレット」の副作用

ミノキシジルタブレットについては、副作用の割合が数値で示されている文献などは今のところ存在していません。

そこで最大手AGA専門クリニックであるAGAスキンクリニックの先生に、ミノキシジルタブレットの副作用と発症率を聞いてきました。

ミノキシジルタブレットの副作用
  • 多毛症(全身の毛が濃くなる)・・・発症率:割とよく見られる
  • むくみ・・・発症率:5%程度
  • 動悸・・・発症率:5%程度

プロペシアと比べて副作用の割合は少し高くなりますが、むくみや動機は発症率は5%程度です。

過度に心配する必要はないと思います。

ほしみみ
「プロペシア」も「ミノキシジルタブレット」もどちらも「お薬」なので、必ずクリニックに行って処方してもらうことをお勧めします。

まずは気軽に無料カウンセリングへ

AGA治療薬の効果と副作用について、十分理解できましたでしょうか?

多くのAGAクリニックは、初回に無料のカウンセリングを行っています。

無料カウンセリングは本当に無料で、納得しなければ断ることも可能です。

無料カウンセリングでは、AGA治療薬について不安なことがあれば、しっかりと先生やカウンセラーさんが答えてくれますよ^^

私の彼氏は、AGA治療開始前に4件のAGAクリニックの無料カウンセリングへ行き、しっかりと疑問を解消し、不安なことを相談してから治療を開始しました。

ほしみみ
ちなみに、彼氏は治療開始3か月でフサフサになりました^^

治療内容は、上記で説明した「プロペシア」と「ミノキシジルタブレット」の毎日の服用です。

AGA治療3か月の変化

彼氏のAGA治療記録はこちら

不安なことがあったり、治療に興味があれば、まずはAGA専門クリニック最大手のAGAスキンクリニック」の無料カウンセリングに行くのがオススメです。

参考に、大手AGA専門クリニックで「フィナステリド」と「ミノキシジルタブレット」を処方してもらう場合の価格を書いておきます。

ミノタブ&フィナステリドの価格

AGA
スキンクリニック
銀クリ ヘアメディカル
14,000円/月 17,500円/月 25,000円/月

AGA治療で、髪を増やしてみませんか?

\ 超大手!効果が高い!安い! /

AGAスキンクリニック 公式ホームページ(https://www.agaskin.net/

都道府県別おすすめクリニック

北海道・東北地方

北海道  青森  岩手  宮城  秋田  山形  福島 

関東地方

茨城  栃木  群馬  埼玉  千葉  東京  神奈川 

中部地方

新潟  富山  石川  福井  山梨  長野  岐阜  静岡  愛知 

近畿地方

三重  滋賀  京都  大阪  兵庫  奈良  和歌山 

中国地方

鳥取  島根  岡山  広島  山口 

四国地方

徳島  香川  愛媛  高知 

九州地方

福岡  佐賀  長崎  熊本  大分  宮崎  鹿児島  沖縄 

おすすめクリニック
AGAスキンクリニック
発毛実感率99.4%
オリジナル治療薬処方あり
豊富な治療メニュー
全国50院以上
お手頃価格の月4,800円~
銀座総合美容クリニック
銀クリAGA.com(gincli-aga.com)
通称:銀クリ
患者満足度No.1を本気で目指す
東京では最もおすすめ
ミノキシジルタブレット処方あり
メソセラピーが格安の1回18,000円
AGAヘアクリニック
テレビ電話で診察
クリニックが近くにない人におすすめ
薬は郵送
ミノタブ・ザガーロあり
治療費は最大で月31,000円