【カオサン発着】バンコク一日観光!オススメをご紹介《タイ旅行記》

こんにちは、25か国40回以上海外旅行に行っている、ほしみみです。

2018年11月16日~26日にタイ旅行をしました。

そのなかで、バンコクの主要な見どころを1日で回ってきましたので、今回はそのルートとオススメを紹介します。

ほしみみ
個人での観光が不安な場合は、現地ツアーに参加するのもおすすめですよ!

バンコク1日観光ルートご紹介!

私たちは下記のルートでバンコク観光をしました。

10:00カオサン通り発
10:20王宮&ワット・プラケオ
12:00ランチ
13:30ワット・アルン
14:30ワット・パクナーム
16:00アジアティーク・ザ・リバーフロント
19:30カリプソ・キャバレー(ニューハーフショー)
22:30カオサン通り

1日でバンコクの主要なスポットは大体回ることができました!

とっても暑くて疲れるので、ちょこちょこ休憩をはさみながら回りましたが、上記のスケジュールで回ることができました。

多くの人が王宮を見たついでにワット・ポーも見るのですが、旅行終盤で疲れていた私たちは今回はスキップしました。


バンコクでのオススメはワット・パクナーム

バンコクで私が最もおすすめするスポットはワット・パクナームです。

後で詳しいルートなどもご紹介しますが、本当に美しい寺院で、しかも室内なので涼しく、心を打たれました。

↑この写真、加工無しです!!

スポンサードリンク

ルート紹介①王宮&ワットプラケオ

タイ バンコク 王宮

私たちはカオサン通りの近くの宿に泊まっていたのでそこからスタート。

カオサン通りを楽しめるホテル!バンコクのちょびリッチなオススメ宿紹介!!《タイ旅行記》

2018.11.29

カオサン通りから歩いて20分で王宮&ワットプラケオの入り口に到着。

王宮&ワットプラケオの入り口は敷地の北側にあります。

王宮&ワットプラケオはバンコク観光では外せないスポットです。

しかし!!

なんと入場料は一人500バーツ。

高っ!!

中はたくさんの外国人観光客にあふれています。

お値段も高いし、暑いし、中は水も売ってなくて死にそうになります。

それでもやはり豪華な作りが魅力的な場所でした。

所要時間は1時間程度でした。

注意

①王宮内は水が売ってません。死にそうになるので、必ず水を買ってから入るようにしましょう。

②ノースリーブや、ミニスカート、半ズボン、へそ出しルック等の服装では入場ができません。


ルート紹介②ワット・アルン

王宮&ワットプラケオを楽しんだ後は、ランチを食べて、ワットアルンへ。

王宮&ワットプラケオの出口から徒歩10分程度のところに、ワットアルンへの渡し船が出ています。

1人4バーツで乗船可能です。

余談ですが、この渡し船乗り場の近くには巨大涅槃で有名なワット・ポーもあります。

ワットアルンの入場料は一人50バーツ。

たくさんのタイルが貼られた、美しい仏塔です。

お寺自体はそれほど見るところがなく、15分もあれば十分見れます。

ワットアルンの出口を出てすぐ右手には、タイ民族衣装の貸し出し店があり、1人100バーツで民族衣装を着て写真を撮ることもできます^^

民族衣装の貸し出しは、たくさんの色から自分の好みのものを選ぶことが可能です。

ほしみみ
衣装レンタルのお店で、はじめは200バーツと言われました。

しかし、同じ店の他の定員さんにもう一度値段を聞くと100バーツと言われ、100バーツで衣装を借りることができました。

ぼったくろうとしてくるので、注意が必要です。


ルート紹介③ワット・パクナーム

ワットアルンのすぐそばでメータータクシーを捕まえてワット・パクナームへ。

所要時間約20分。タクシー料金は73バーツでした。

正直それほど期待せずに行ったのですが、ここがとっても美しかったんです!!

ワット・パクナームの外観はこんなかんじ。

しかし中に入ってびっくり!!

この写真、一切加工無しです!!

室内なので涼しく、しかも美しく、ここで30分ほどゆっくりしました。

入場料は無料。しかも比較的綺麗なトイレもあります。

地球の歩き方に載っているということもあり、ここは日本人だらけです。笑

しかし、本当に美しくお勧めの観光スポットです。


ルート紹介④アジアティーク・ザ・リバーフロント

ワット・パクナーム観光後はアジアティーク・ザ・リバーフロントへ。

タクシーで行っても70バーツ程度の距離ですが、私たちは電車に乗ってみたかったのでワットパクナームからWutthakat駅までタクシーで行きました。

ワット・パクナームからWutthakat駅まではメータータクシーで47バーツ。

Wutthat駅からSaphan Taksin駅までは電車で1人31バーツでした。

Saphan Taksin駅からアジアティーク・ザ・リバーフロントへは無料のシャトル船が出ています。

アジアティーク・ザ・リバーフロントには、川沿いにきれいなレストランがあったり、おみやげ物が買えるショッピングモールがあり、今バンコクで注目のスポットです。

また、ここはニューハーフショーが楽しめる「カリプソ・キャバレー」があります。

↑出演者は全員、元男性です。

ショーは1日2回19:30~、21:00~行われ、それぞれ1時間10分です。

料金は一人1,200バーツ。

ほしみみ
ちなみにショーチケットは、旅行代理店等を通して買うと900バーツで購入可能です。

私はカオサン通りで900バーツで事前に購入していきました。

ショーの後には、出演者のニューハーフさんの写真を撮ることも可能です。

写真を撮るときは、出演者へのチップをお忘れなく。

⇒アジアティーク・ザ・リバーフロントの英語サイトはこちら

スポンサードリンク

ルート紹介⑤カオサン通りへ

夜までアジアティーク・ザ・リバーフロントで楽しみ、カオサン通りへはトゥクトゥクで帰りました。

ちょっと高いなーと思いつつも200バーツを支払いました。

昼間だと、アジアティーク・ザ・リバーフロントからカオサンへは、まず無料シャトルでSaphan Taksin駅まで行き、そこからオレンジの旗がついた船に乗って30分ほどでカオサン通り近くのプラ・アーティット駅まで一人15バーツで行くことができます。

夜のカオサン通りはとってもにぎやかです。

寝る前にここで1杯ひっかけていくのもいいかもですね!


この日は疲れきり、このあとすぐにホテルに戻って寝ました。

私たちは個人で観光しましたが、現地ツアーだと歩く距離なども短くて、効率よく見どころを見れていいかもですね!

私たちは後日バンコク発着で個人でアユタヤ観光に行ったり、ルーフトップバーにも行ったりもしました。

【カオサン発】アユタヤ一日観光!自転車で回るのも面白い《タイ旅行記》

2018.11.30

バンコクのルーフトップバーCRU!レッドスカイ(RED SKY)のさらに上にあるスカイバーに行ってきた《タイ旅行記》

2018.11.30

アユタヤもルーフトップバーもとっても良かったですよ!

みなさん、よい旅を^^


VELTRA

タイ旅行は現地ツアーを使うと効率よく、
安心して観光地を回ることができます。

良好期間が短い方、
海外旅行慣れしていない方に
オススメです!