高年収男の自尊心を保つために節約妻がやったこと~ヨード卵光は高級品~

今日は私の母が父に対して行った、ヨード卵光を用いた「高年収男の自尊心を保つ方法」をお伝えします。

もし高年収男と結婚できた方がいたら、参考にしていただければと思います。


父は高級品を食べたがる

私の父は中小企業の社長。

事業に成功し、年収は1,000万円を超えました。

そんな父が母に要望したのは

「俺は金を稼いでいる。高級品しか食いたくない。」

「今後、卵はヨード卵光以外食べない。」

貧乏性の母親はこの父の発言に戸惑いました。

スポンサードリンク

貧乏性の母は考えた。ヨード卵光は6個入り330円。

母はひとまずスーパーへ行きました。

ヨード卵光は6個入りで330円。

なんと1個55円もするのです。

普通の白い卵だと10個入りを100円で買えるのに!!

ふと横を見ると、茶色い卵が10個入り120円で売っている!!

しめしめ、これで母の作戦が決まりました。


ヨード卵光の偽造開始

ヨード卵光には、賞味期限が記されたシールが貼られています。

このシールをうまく流用するのです!

  1. まずはヨード卵光を買います。
  2. 食べた卵のシールは大切にとっておきます。
  3. ヨード卵光がなくなれば、スーパーで茶色い卵を買ってきます。
  4. 買ってきた卵にヨード卵光のシールを張ります。
  5. ヨード卵光のシールに記載の賞味期限が来るまでは、茶色い卵の購入とシール貼りを継続します。
  6. シール記載の賞味期限が来たらヨード卵光を買います。 

これを無限ループするのです。

こうすることにより、ヨード卵光は本来1個55円するのですが、

我が家は1個34円以下で”ヨード卵光風のもの”を食べられるようになりました。

スポンサードリンク

偽造ヨード卵光の扱い方と、父の反応

母は、何事もなかったように冷蔵庫に常に”ヨード卵光”らしきものを入れていました。

これを見て、父は疑うことなく「俺は希望通りの”ヨード卵光”を毎日食べている」と思い込んでいました。

父も母も幸せそうでした。

母はこうすることにより節約ができました。

父も母が希望をかなえてくれて喜んでいました。

「多くの金を稼いている俺が、ヨード卵光を食べられるのは当たり前だ」

という彼の自尊心も保つことができました。

長年の夫婦生活をうまく保つためには、必要な嘘もあるのですね。


ヨード卵光しか食べない男に出会ってしまったら、節約するためにはこのような対策を打ってみてもいいかもしれません。

別にヨード卵光以外を食べる男であっても、健康志向の男に対しては

「あなたの健康を保つために、ヨード卵光を買ってきたわ!」

「たくさんお金を稼いでくれてありがとう!!」

なんていってみるのもいいかもしれません。

以上です。笑

ヨード卵光を製造している日本農産工業株式会社様、大変失礼いたしました。

ちなみに、高年収男と結婚したい人は、マッチングアプリペアーズがおすすめです。

【おすすめ】20代婚活女子のマッチングアプリPairsレビュー~高年収&高学歴男子との出会いはここにあり!~

2018.04.02
Pairs(ペアーズ) 恋活・婚活 マッチングアプリ

Pairs(ペアーズ) 恋活・婚活 マッチングアプリ

無料posted withアプリーチ

 

スポンサードリンク