【ブリザードビーチがおすすめ】ディズニーワールドWDW《スライダーが超楽しい!》

ブリザードビーチが最高

2018年のGWにディズニーワールドへ行ってきました!

4つのパークだけではなく、2つのウォーターパークにも行ってきたので、そのレビューをします。

今回は”ブリザードビーチ”の紹介です。

【タイフーンラグーン】ディズニーワールドWDW《行きづらい!》

2018.06.03

ブリザードビーチに入るには?

ブリザードビーチは、ディズニーワールド内のウォーターパークです。

パークホッパープラスチケットを持っている方はそのチケットで入場可能です。

パークホッパープラスチケットをお持ちでない方は、大人(10歳~)65ドル、子供(3~9歳)59ドルで入場可能です。

ちなみに、夏場以外は営業時間が10:00~17:00と非常に短いです。

夏はもう少し遅くまで営業している日もあります。

my disney experienceで事前に調べて行くことをお勧めします。

【パークチケットを格安で購入!】ディズニーワールドWDW《チケットの種類と違いもご紹介》

2018.05.13

ウォーターパークに必要なお金は?

お金は、入場券以外ではコインロッカー代とタオルレンタル代が必要です。

コインロッカーは現金のみ使用可能で、小さいロッカーは1日10ドル、大きいロッカーは1日15ドル。

何度でも出し入れ可能です。

ロッカーの詳しい使用方法はこちらをご覧ください。

【洗濯&ロッカー使用方法】ディズニーワールドWDW《プールへ行く方必見!》

2018.06.03

タオルのレンタルは、ディズニー直営ホテル宿泊の方は無料で借りることができます。

借りるときにマジックバンドが必要です。

ディズニー直営ホテル宿泊ではない人は、2ドルで借りることができます。

【ホテルを格安で予約】ディズニーワールドWDW《ホテルホップも楽しもう^^》

2018.05.12
スポンサードリンク

ウォーターパークへはどうやっていくの?

バスで行くことができます。詳しくは下記ご確認ください。

【敷地内の移動手段】ディズニーワールドWDW《無料の交通機関でスイスイ》

2018.05.23

ブリザードビーチとは

「突然吹雪がやってきて、常夏のフロリダに巨大な雪山が出現。

そこで、ディズニーはそこにスキーリゾートを作ってしまいます。

しかし、フロリダの太陽で雪が溶けだし、山の麓に水が溜まってプールになってしまいました!」

というテーマのプール。

あらゆるところにスキーリゾートだった跡が残っており、大変おもしろい作りになっています。

ブリザードビーチのリフト

(↑スキーリフトがあり、これに乗って山に登って、スライダーで降りてこれます。)

スライダーは7個、プールは4つ。

大変大きく、一日中いても楽しめるくらいたくさん魅力があります。

ブリザードビーチの地図

ブリザードビーチのスライダーが最高に楽しい!

ブリザードビーチの最大の魅力は、何といってもスライダーが最高に楽しい!!

7つあるスライダーはどれも味があって面白いのですが、最大の魅力はこれ!

ブリザードビーチのスライダー

12階建てのビルの高さ(36m)から、カーブなどなくストレートに落ちてくるスライダー。

その名も、サミット・プラメット。

ディズニーシーのタワーオブテラーに乗るのも嫌なくらい絶叫系が嫌いな私ですが、めちゃくちゃ勇気を出してすべりました。

結果、

これがほんとにおもしろかった!!!

2回滑る勇気は出なかったですが、本当に面白かったんです。

もうテンション上がりまくりでした!!

ほしみみ
スライダーに乗るとき、ラッシュガードを着ていると背中が擦れなくていいですよ!

もちろん日焼け対策にも!

スポンサードリンク

ブリザードビーチのその他の魅力

スライダー以外にも流れるプールや、きれいな海のようなプールもあり、本当に楽しかったです!

あらゆるところに”スキーリゾートだった”というテーマが盛り込まれており、本当に飽きませんでした。

ブリザードビーチの波のプール

少しでも時間が空いたら、是非ブリザードビーチへ行くことをお勧めします!

おすすめの記事

【年会費無料】海外旅行にオススメのクレジットカード

2019.01.07

【持ち物・必需品リスト】ディズニーワールドWDW《これで完璧》

2018.05.30

【WiFi事情】ディズニーワールドWDW《パークのWiFiが弱くてつながらない!》

2018.05.11