“自然と戯れる”おすすめ海外旅行ランキング

海外旅行が大好きで、今まで25カ国、40回以上海外旅行に行ったほしみみです!

具体的には、アメリカ、カナダ、ペルー、イタリア、フランス、バチカン市国、ケニア、アラブ首長国連邦、ミャンマー、ラオス、スリランカ、インドネシア、マレーシア、シンガポール、タイ、ベトナム、カンボジア、フィリピン、中国、台湾、香港、韓国、モンゴル、オーストラリア、ニュージーランド。

そんな私の、“自然と戯れる”おすすめ海外旅行ランキングTOP3です!!


第3位 : ゲルに泊まって遊牧民体験、モンゴル

私はモンゴル一人旅で、ゲルにホームステイするツアーに参加しました。

日本語が話せるモンゴル人ガイドが常に同行してくれました。

日中は牛の乳しぼりや、川で水くみ、モンゴル料理を家の人と一緒に作ったり、お弁当を持って馬に乗ってお出かけしたり。

夜は星を見てまったり。

そして最終日は子羊の屠殺。

腸に羊の血と小麦粉を混ぜたものを入れた血のソーセージを作ったり、お肉を切って焼いたり、

取り出したてホヤホヤの温かい生レバーを食べたり

ほしみみ
この生レバーはめちゃくちゃおいしかったんです!

人間が食べられない部位は空に向かって投げるとワシやタカが食べに来ます。

日本ではそうそう味わえない貴重な体験ができます。

スポンサードリンク

第2位 : 人、象とまったり過ごすラオス ルアンパバーン

ラオス ルアンパバーンにバックパックを持って一人旅をしてきました。

ルアンパバーンは町全体が世界遺産

ラオスの古都です。

町中にはたくさんのきれいな寺院。

毎朝、お坊さんたちは托鉢。

現地の方々がお坊さんへのご飯の渡し方を教えてくださったりします。

お寺に行くとお坊さんたちは人懐っこく話しかけてきます。

私はお坊さんに日本語を教えてあげました。

そして、きれいな川もあり、川遊びもできます。

別の川では象と戯れたりカヌーに乗ることもできます。

なぜか象の上に立たされたり、象がふざけて川に私を振り落としてきたり。

ちなみにラオスでは象に乗る資格も取れるそうです。

その他にもルアンパバーンには、4000体の仏像が納められた洞窟や、ラオス式サウナなど魅力がいっぱい!

ラオスの方々は人懐こいし、バックパッカーが集まる屋台街などもあり、人との出会いも楽しめます。

スポンサードリンク

第1位 : 毎日サファリ、まさにライオンキングの世界!ケニア

家族でアフリカ ケニアでサファリをするツアーに行ってきました。

毎日ジープに乗って、マサイ族の運転手さんと一緒に草原を走り回ります。

ここでは、いろんな種類の動物が、毎日必死に生きているのです。

ゾウ、キリン、カバ、ワニ、トカゲ、フラミンゴ、ガゼル、ダチョウ、ヌー、ヒョウなどなどたくさんいます。

草原の中のホテルに宿泊したところ、朝になるとロッジの前でシマウマが草を食べている、なんてこともありました。

また気球に乗って、空から動物を見ることもできます。

すべてが壮大で、「毎日動物を見ているだけ」といえばそうなのですが、とても感動が詰まっているのです。

他にも、マサイ族の村を訪れたり、草原でシャンパンモーニング、なんてこともできます。

時間とお金ができれば、もう一度行きたい場所です。


上記以外にも、

ペルーのアマゾン川で壁も電気もないロッジに泊まったり、

カナダのイエローナイフでオーロラを見たり、

フィリピンのボホール島で自然を満喫したりもしました。

どれもよかったですが、私のお勧めはケニア、ルアンパバーン、モンゴルです!

スポンサードリンク